呪術廻戦 第8話、新キャラ紹介とつなぎがメインでしたが、面白すぎる。後EVEさんの廻廻奇譚 Full PVの圧が神です。

呪術廻戦

いつも思うんですが、呪術廻戦のネームってめちゃ恰好いいんですよね。逆でない命を懸けたバトル漫画であるのにも関わらず、何でっていうくらい、

 

セリフの個性が強すぎる

 

さらに、セリフの基本個性の軸っていうのがまた、新しくて、

 

女性キャラはやたら漢でかっけー

 

一方男性キャラは、

 

あほ、チャラ男、謎、そしてきちんとフツーのオジサン

 

つまり

 

いわゆるヒーローではない

 

これすごく大事です。さて、8話の内容に触れる前に、一言、

 

このアニメ、編集ー監督 が絶対神

 

ダレないんだよね。今回みたいな多数キャラ紹介かつ、つなぎ話でも。しかも次の真人がいろいろやりまくる展開への繋ぎも万全。

いつも、あれっていうぐらい早く終わってしまうの、こう息が抜けなくて。

で、Edで、ちょっとリラックスした後、さらにじゅじゅ散歩があるから、正直とっても

得した気分

 

Mappaでこの同じ監督で制作した、God of Highschoolも見たけど、まあアクションシーンは良かったけどそれ以外は、キャラがすごく浅いし、ストーリーもありきたりで正直大したことなかった。テンポだって、そこまで良くなかった。

 

たぶん、鬼滅の刃もこのタイプだったのだと思うけど、呪術廻戦って、

 

絶対アニメ映えする漫画です

 

ネームがそのまま脚本にできるぐらい、濃くて洗練されていて、一方設定に色付けして動かすと、とにかく映える画が豊富すぎるのです。

 

あ、虎杖と双璧のあほ、東堂さんついに登場しましたが、相変わらず脳筋で、でもアニメ版は少しすっきりしたイメージでほっとしました。

 

さて今回の見所ですが、私が個人的に一番嬉しかったのは、

パンダさん、諫め役として大人っぽく登場!!

 

まあ、ここで止められたので恵ちゃんのほんとはもっと怖い術式がまだ見れなかったのですが、パンダさん来なかったら、東堂ちゃんもちょっとびっくりしたと思う。

 

パンダさんて、このビジュアルでありながら、たぶん東京呪術高専のなかで、先生入れていちばん、常識人ぽい人?だと思います。なんか、そういうキャラがパンダってすごくなごむのです。

 

Opには登場してますが、まだ本編では顔出ししてない、もうひとりの大人オジサンキャラの七海さんは、パンダさんよりずーっとシニカルだからね。パンダさん声もあってるのよね。どうぞ七海さんの声もドンピシャでありますように。

 

そして次のハイライトは、たぶん今回ネットでは一番バズってるこちら、

 

【呪術廻戦】新キャラのバーゲンセール!?TVアニメ第8話のポイントを徹底解説!!(*ネタバレ無し)

 

狗巻先輩の、呪言’動くな’炸裂。この方の場合、意味のあることをしゃべるとそれが呪いとして効いてしまうので、普段は🍙の具しか発言しません。

 

あ、狗巻先輩って、五条先生と並ぶ、呪術廻戦のイケメン2強ですね。どちらかというと美少年タイプで、口と舌に入れ墨があるのが、実にカッコいいです。これ、レイヤーさんにとっちゃ最高の題材タイプでしょう。

 

今回は、東堂のさらなる攻撃をこの一言で押しとどめて、そしてそこにPandaさんが割って入って一方的乱闘は終了したのですよね。

 

そして、個人的には第二位萌えキャラである、釘崎野薔薇君の、セリフの数々、ほんとこの人歩く煽りマシーンですね。呪いに食べられそうなときでさえ煽ってましたから、京都の先輩ぐらいじゃ負けません、たとえ戦闘に負けても

’寝不足か、毛穴開いてんぞ’

とか

完全にぶちのめされたかと思いきや、しっかり真依の後ろを取り直して、

′てめえのその制服おいてけよ、私の夏服にしてやる’

 

あと、じゅじゅ散歩とは別に、アニメオンリーのカットで、隠れ五条ファンの、ファン行動は可愛かったです。五条は本当に、やくざとあまり変わらない態度で気分良かったですが。

いや、でも’生ごじょう’とか、もうこれ五条萌の女子全員の代弁で笑う。

 

 

今回のエピソードタイトルは’退屈’なのですが、じつにせわしなく楽しすぎる回でしたね

 

あ、もう一つ大事なこと忘れるところでした、すでに人気沸騰のOpですが、ArtistのEveさんが、Full LengthのPVを発表したのですが、

 

これが神、すべてアニメ映像の編集

 

今までに放映されたアニメのかっと、オリジナルのカット、アニメのOpeningのカットこのすべてをコラージュして、とにかく圧がすごい。

 

廻廻奇譚 – Eve MV

 

そして、何より秀逸なのが、歌詞のKey フレーズを、独特な書体でこのPVの中におりこんでいることですね。

 

EVEさんは、もともとアニメ曲以外でも、PVはオリジナルアニメがほとんどで、まふまふさんたちと同じように、Net発生系のArtistです。

 

あ、Eveさん自身も、明らかに’呪術廻戦’大好きですね。これは多分、今のアニメ制作分が終了して、第二期が始まるまでのあいだに、たぶん私何度も見なおす気がします。

 

ところで、さっさと第二期やるって発表すべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました