87歳の’動物の森’ファンがアメリカで話題になってます。ニンテンドーはシニアフレンドリーでもある。

シニアGamer日記

日本の場合、もう圧倒的に爺さんたちより、おばあさんたちのほうがいろいろな意味で適応力高いですよね。これがまあテック関係だと更に差がつく感じ。

まあ、アメリカの場合も日本ほどではなくとも、やはりおばあさんたちのほうがなんだかんだと趣味も多い。

大体、おばあさんたちは、孫や子どもたちとのコミュニケーションを大事にしてます。で、ゲームなんて話になると、本当に楽しそうですよ。

うちは毎週土曜日の朝、Pokemon Goを兼ねての散歩にでかけますが、個々のところよくあうのが娘の元保育園長さん。リタイアしていて、娘に会うと必ず何かしら質問してます。多分70代前半って感じでしょうか。

 

さて、今回見つけたのは、なんと87歳のおばあさんの3DS版の’どうぶつの森’ファン。

 

孫のgame designer Paul HubansのBlogに登場してくれました。

 

Blogの記事はこちら。

 

PaulがおばあさんのGamer ぶりについてTweetした後、反響がよかったので、さらにおばあちゃんに独占インタビューのVideo撮ってくれました。

 

いまYoutubeで50万ぐらい。

おばあちゃんの名前はAudrey。

なんと2014年以来ほぼ毎日、通算

3580時間プレイしてます。

 

凄いですよね。

だからBell (動物の森の通貨)もなんと 6500万枚溜まっているのだそうです。

Videoは28分と、長めですがこんなおばあちゃんがほっこりやっているのって、見てるだけで正直和めます。

こちらが最初のツイート

 


このツイートのせいでなんと、本物のお金が集まり、AudreyはNintendo Switchを買いました。

今年でるSwitch版の動物の森がお目当てなわけですが、Pokemonも好きなので、それまではLet’s go Pikachuをやっているそうです。

こちらがその後報告のツイート

やっぱり年齢性別に限らず楽しめるゲームを作るということになると、Nintendo 一人勝ちでしょう。

我が家はNintedo Fanなので勝手に納得。

時々Game系の英語の記事結構面白いかも。

まあ、私が楽しんでますが。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました