でたー、日本のシニアインスタグラマー、カッコいいので私なりに彼女たちのファンションを分析、ところで日本人男性はこういう女性をどうみてるのかな。

人生100年時代

東洋経済というか、週刊女性プライムから転載ですが、ついにでましたね。

 

70・80代のカリスマ「インスタグランマ」の迫力、自粛生活にもキラリと光るセンス

 

だって、今の日本て、シニアこそ一番お金と時間の余裕ありますよね。

 

シニアだからというのではなく、去年の春白髪染めをやめたときに、いろいろと参考になりそうなSenior Fashionistaを探しましたっけ。

 

その時に見つけて最高にはまったのが、このThumbnailに登場する、Linda Rodinという70代のアメリカ女性、ニューヨークに住んでます。そういえば、コロナ大丈夫ですかね。

 

こちらがインスタ 

 

Follower は、276k

 

Partnerは、とても大きい可愛いというよりカッコいいグレーのプードルです。愛犬家が高じて、こんなサイトでセレブなリーシュ売ってます。(今は、コロナで閉まってますが。)

 

あと、Skinオイルなどの、化粧品のブランドもやってますね。

 

今まででも、欧米ですと、Grand Dameという感じで、超セレブでカッコいい老婦人手結構いましたが、こういう方たちはもともとインスタとかやらないし、何よりいわば貴族のような別世界の住人です。

 

でも、Lindaは、もっと親近感を持てる女性。住んでいるところもこじんまりとしたアパートだし、あまりいかにもブランド物というものは着ないし。

 

人気が出てきてからは、モデルもするけど、とにかく基本、

 

カジュアルスタイルがカッコいい。

 

お化粧も、基本真っ赤な口紅以外ほとんどしてないし、髪はGray Hairのままだし。で、私は最終的に彼女に憧れて、白髪染めやめましたし。

 

さて、今回取り上げた二人の女性ですが、どちらもまずGray Hairがカッコいいです。

 

実はGray Hairって、黒髪よりずーっとファンションのVariation楽しめます。

 

それはともかく、この二人のスタイルはちょっと違います。

 

先に登場した70代の方は、どうもかなり裕福なおうちのかたみたい。着ているものすごく高そうだし、住んでいるところもなんだかものすごくゴージャス。

 

さらに、すごく綺麗ですね。スタイルもすごくいい。もとセレブワイフだったのかなという感じ。

 

さて、二人目、こちらはなんと82歳。

 

この方、正直最高です。

 

まず、ド派手な色を平然と着こなし、全身ほぼ黒を、カラスにもならずにカジュアルに気崩している。(ちなみに、黒ずくめのファッションでも、Gray Hairだと重くならないといういい見本でもある。)

 

もう、ファンション上級者ですね。

 

さらに、

 

堂々と、襟ぐりの大きいトップを着こなし、

 

さらに、さらに、

 

生足!!

 

 

これって、着物の着倒れレベルと比べると、素足に黒塗りのげたをひっかけ、さらにかなり衣文を寛いでいて、なおかつ粋に見えても、下品に見えないというレベルです。

 

 

こういう女性を見て、年下の(まあ、40-50歳でも年下ですが、)男性はどう思うのでしょうか。

 

まあ、さすがに肉体的な意味はないにしろ、

 

カッコいい、一緒に出歩きたい

 

と思うのか、それとも、

 

なんだ、ババアが若作りして、やっぱ女は若くないと

 

と思うのか、

 

私はすごく興味があります。

 

欧米だと、こういう女性が大好きな、40-50、いや中には30代の男性も一定数いますね。あと、個人的に興味は持たなくても、圧倒的多数は、年齢に関係なくファッシナブルな女性に、感銘を受けるみたいです。

 

もちろん、そうの最たる国は

 

おフランスですが、

 

あの国は、女は50歳過ぎてからが、旬という徹底したお国柄ですから。

 

正直、この82歳の女性を見ていると、確かに若すぎたら絶対出せたにこなれ感だなあと思います。

 

ああ、私も少しおしゃれしたくなった。とはいえいまだアメリカはロックダウン中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました