人生100年時代のシニア期について考えます。90歳まで現役を目指すために今自分を見直してみました。

アメリカの日常

急に年老いてきたと最初に感じたのは、今年の夏日本に滞在中でした。

何よりも、急激に胃が弱ってきしまい、せっかくお気に入りのレストランにでかけたあと苦しくなってしまい、何度も夜中に胃酸過多やひどい胃のもたれで苦しむ羽目になりました。

さらに、アメリカに戻ってきてすぐ、かなり親しくしていたクライアントの一人がなくなっていたのです。彼女が非常に思い病気に罹っていた事は知っていましたが、結局そのことをはっきりと受け止めていなかったのです。

ただ、9月、10月は、この後始末と新規のクライアントさんが重なり、忙しかった。一方私の仕事はクロージングまでのリードタイムが2-3ヶ月ありますので、緊縮財政でした。

 

ここへ来て、最初の大きな2つの案件のクロージングが完了し、緊縮財政も解けるようになった途端に、

 

落ち込みと燃え尽きに襲われてしまったのです。

 

このことを認めるまで、ちょうど3週間かかりました。

 

最初は日本へのホームシックかと思いました。でも、思い返すと3月に一人で戻ったときも一時的にひどく無気力かつ落ち込んでしまったことがありました。

 

結局ライフ・シフトとか言っても、こういうことを書いている人はせいぜい3-40代で、人生100年時代の後半をどう生きるかということについては基本触れていないし、何よりまるで想像していない!!

 

で、情報集めをしていたらこんな記事を見つけました。

 

5年後、認知症になる確率は? チェックリストで確認

 

 

チェックリストは、13項目になってますが、そのうち5は、さらに15項目の質問に答えることによって判定します。

 

さて、今の素直な気持ちや状況を元にそのまま答えると私の得点は4。

 

4.2%の確率で認知症になるという答えになります。

 

私の場合、糖尿病があるので何をやってもゼロにはなりませんが、得点0の場合は1.2%そして得点1の場合は1.3%、、さらに得点2までは1.4%ですから、やはりどうにかしたい。

 

老化はしかたありませんが、認知症にはなりたくないです。

 

というわけで、糖尿病対策を別にして、残り4点にどう対応するか考えます。

 

1.物忘れの自覚はありますか?

これは、正直今一よくわからない質問でした。ただ、ここ数ヶ月、ときどきWorking Memoryが不確かになってしまうことが、時々あるようになりかなり心配です。

長期記憶の方は問題ないというか、割とどうでもいいことをよく覚えていると自分でも思います。

ただ、正直もう少しまめに手を使うことを考えたいと思います。

そういえば、来年の夏に日本に行ったら、自転車に乗る練習をしてみるのもいいかもしれません。

 

ピアノの練習と、編み物も脳のWorking Memoryを活性化するのに役立つのでしっかりしましょう。

 

あと、一体に落ち込んでいると、記憶力が下がってくるのを自覚します。

 

2.あなたの心配事や愚痴を聞いてくれる人がいますか?

これは、今のオフィスの私のマネが英語での愚痴やら心配事を聞いてくれる。

あと、時々妹と電話で喋るけど、でも私のほうはあまり愚痴や、心配事を話す形にはならない。

もともと、愚痴るのが嫌いです。

大体他の人に愚痴られるとうんざりしてしまうたちだし。

それでも、数学をやっていた頃は、まあ将来の不安が中心ではあったけど、それなりに話す相手はいた。

でも、一人になってから結局親しい友人を作ってはいない。

 

私は第一に友人を作るのが上手くないし、さらに自分に近い年齢の人とはほとんど共通の話題がない。

とはいえ、日本にいる時は、少なくとも中高のF葉時代の級友と交流することになった。

 

結局こういうことがすべて重要なのだろうと思う。

 

あと、多分私はもう少し友人レベルでいいから、BobとCommunicate するべきなのですね。

 

私は16性格分類では、IFNJで、人の話は受け止めるけど自分のコトはほとんど言えないたちなので。

 

でも多分、普通にもっと外へ出て交流することがプラスになると思う。そういえば母は、友達らしい友達はほとんどいなかったし。

 

3.気分が落ち込んだりすぐれず、活動性が低下してますか

これが、1点ついてしまったのは、15のサブ項目のうち次の8点が加点され、トータルで5点を越し、その結果として、この質問の総合結果がはいになってしまったから。

 

いっぽう、こうやって答えてみると自分の今の状況がかなりはっきり見えてきた。しかも、結構漠然と矛盾した感情を抱いてもいるのです。

 

  • 今の生活に満足していない
  • 生きていても仕方がないという気持ちになる
  • 毎日の活動力や世間に対する関心がなくなってきたように思う
  • 生きているのが虚しいように感じる
  • 普段は気分が良くない
  • 外に出かけるよりも家にいることのほうが好き
  • こうして生きていることが素晴らしいとは思えない
  • 自分に活力が満ちているとは感じない

 

でもいっぽうで、こうも答えている。

 

  • 退屈だと思うことはそんなにない
  • なにか悪いことが起こりそうな気はしない
  • どうしようもないと思うことはあまりない
  • ほかの人より物忘れが多いとは感じない
  • こんな暮らしで希望がないとは思わない
  • ほかの人が自分より裕福だとは思わない

 

私の多分一番良いところは、まだ変えられると思っているところです。

外に出たり、もう少し真面目に物欲と向き合ったりしたほうがいい。

更に、やはり自分の外見に対するこだわりを捨てると、どんどん多分だめになりますね。

 

というわけで、私なりに考えるリセット内容については、明日週次レビューと、翌週デザイン絡みでやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました